忍者ブログ
[hiroic's various Review & Daily Memo] Hiroicによる映画・ドラマ・本・芝居・四方山などに関するれびゅー
80 80 80 80
80 80 80 80
[371]  [372]  [369]  [397]  [396]  [395]  [370]  [410]  [368]  [367]  [366
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

作/長野まゆみ
出版社/河出文庫

ReviewWriteDate:2000/12/23
LastUpdate:2000/12/23

Note:
短編集。『星降る夜のクリスマス』『仔犬の気持ち』『少年アリス 三月うさぎのお茶会へ行く』『クリスマスの朝に』

Story:
「ほら、天使が降りてくる。」──フラノがつぶやくと、ミランには何も見えなかったけれど、仔犬のタッシュが吠えたて、天使が羽根を震わせたように雪が降り始めた。降誕祭の夜空に紡がれる、素敵な物語を集めた夢のお話集。
(背表紙より)




ヒトコトReview:

--------------------------------------------------------------------------------
子供時代を思い出すあったかなクリスマス本
--------------------------------------------------------------------------------

■仔犬タッシュ

クリスマス関係の内容が多い中、実は一番好みだったのが『仔犬の気持ち』。
パパがもらってきてくれた仔犬、タッシュ。
そして『ぼく』と『兄』。
両親というあたたかいものと、兄と自分、そして新しい家族となるタッシュ。
その様子が『ぼく』の視点で描かれていて
「くーーー、かわいい」
て感じでした。
かわいい、のは子供でも犬でもなくて──その空気。
誰もがやさしくて少し意地っ張りで、こういう空気を自分もかいでいたことがあったはず──という懐かしさのようなもの。
パパのマフラーの逸話がなんとも好きです。

結局ラストでタッシュは元の家に自力で帰ってしまうんですが。。。
で、そのタッシュ、よく見るとその前の短編、『星降る夜のクリスマス』でミランがつれている犬。
はたしてミランが『ぼく』なのか?
それともタッシュが戻った家の子供がミランなのか?
そういうことまで楽しい想像がふくらみます。


■特別な一日

長野作品の中でクリスマスはかなり頻出度が高いイベント。
雪。教会。鐘。子供たち。大人。そして天使。
『夜のプロキシオン』もとにかく大好きなのですが『星降る夜のクリスマス』も同じ空気をまとっています。
フラノは天使なのかな? ──と思わせる。
『クリスマスの朝に』はめずらしく少女が主役。

そういえば、クリスマスって本当に楽しみなイベントだったなあ。
幼稚園がキリスト教で、クリスマス会のイベントはイエス生誕の劇でした。
宿屋がやりたかったのに天子役。(宿屋も天使も所詮、群衆)
子供心にとても神聖な日でした。。。

拍手

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア


CheckItOut,please
by arrows

マクロミルへ登録 gooリサーチモニターに登録!

最新CM
[03/19 秘書アズアズ]
[01/06 通りすがり]
[01/05 Hiroic]
[01/05 通りすがり]
[11/26 Hiroic]
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
忍者アナライズ
プロフィール
HN:
ひろいっく
性別:
非公開
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]