忍者ブログ
[hiroic's various Review & Daily Memo] Hiroicによる映画・ドラマ・本・芝居・四方山などに関するれびゅー
80 80 80 80
80 80 80 80
[410]  [368]  [367]  [366]  [365]  [394]  [393]  [409]  [408]  [364]  [359
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

作/長野まゆみ
出版社/河出文庫

ReviewWriteDate:2000/10/1
LastUpdate:2000/10/1

Story:
<「兄さん、あの署名、……あれはどう云う意味。自分の名前を記せばいヽのに。」>緑に深く埋もれた祖父の家で、ひとり療養する兄の夏織。気怠い夏の空気の中、弟の柊一は夏織の秘密の"隠れ処"を見つけ出そうと川を遡っていった……。(裏表紙より)


ヒトコトReview:

--------------------------------------------------------------------------------
ひと夏・兄弟・秘密──という黄金パターン
--------------------------------------------------------------------------------

■長野まゆみの季節は夏

長野まゆみに季節をあてはめると、ファンはみな夏をあげると思う。
それは海水浴場だったりラジオ体操のような夏ではなくて、死の匂い、腐敗の臭いのするそういう夏。
この『カムパネルラ』も一連の長野作品に類似作品の多いパターン。
夏・兄弟・秘密・死の予感。

実は先に読んだ『賢治先生』に感動していた矢先だったので、てっきり関連書かと思っていた。
ふたをあけたら『カムパネルラ』というのは言葉として使われているだけで、続編じゃありませんでした。(笑)


■大人の不在

この本を読みながらまたしみじみ思ったのが長野作品での『大人の不在』。
たまに大人も出てきますが、いわゆる大人なのかしら、あれは(『サマーキャンプ』や『新世界』を思いうかべながら・・・)。
この作品でも祖父は存在しているものの、ヒトコトも発言はしない。
作中、常に眠っている。
これは意味ありげでよいわ。(笑)
にもかかわらず少年たちはちゃんと昼にはご飯を食べている。
お手伝いさんの描写はないんだけど、ご飯はちゃんと出てくるわけだ。
そしてそれで十分世界が回っている。
この何とも云えぬ大人の不在。
他の作品以上に気になってしまいました。
だいたい、どうして子供がひとりで森の中を歩きながら祖父の家に行くんだろう。
もちろんそれが世界観なので問題ないのですが、この徹底的な大人を排除した世界、興味があります。

拍手

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア


CheckItOut,please
by arrows

マクロミルへ登録 gooリサーチモニターに登録!

最新CM
[03/19 秘書アズアズ]
[01/06 通りすがり]
[01/05 Hiroic]
[01/05 通りすがり]
[11/26 Hiroic]
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
忍者アナライズ
プロフィール
HN:
ひろいっく
性別:
非公開
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]