忍者ブログ
[hiroic's various Review & Daily Memo] Hiroicによる映画・ドラマ・本・芝居・四方山などに関するれびゅー
80 80 80 80
80 80 80 80
[308]  [307]  [273]  [306]  [6]  [5]  [305]  [304]  [297]  [4]  [296
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先週いったいワタシが何をやってたかっていうと、主に仕事でどん底ブルー状態になったり、あげく体調最悪でふらふらしてたり、でも休息が全くとれないスケジュールだったり……韓ドラ一気見してたりだな。(笑)



随分前からLaLaTVで放送を開始していた『威風堂々な彼女』。

一応録画はしてたんだけど、面倒くさくて放置してました。

でも、カン・ドンウォンのドラマデビュー作だし、やっぱ見たいよな、とか、会社の韓ドラ仲間に貸す約束になってるからいくらなんでも自分も見て編集せんとな、とか、義務的に思ってたんですが。

あまりに色々忙しく逆にぶっちぎれたワタシは突如韓ドラモードになり、逃避のように一気に録画していた7話分見てしまいました。2日はかけたけど。



んで、『威風堂々な彼女』です。

何でも彼とか彼女とかつければいいと思ってるよね、邦題タイトルつけてる人。

B型だったり猟奇的だったり威風堂々だったり、大変だわなこりゃ。



最初はありえねー合成SFX?映像にびっくりして思わず見るのを止めようかと思ったドラマでしたが、途中から勢いよく見てしまいました。

色々と話の展開が話のトーンと一致してなくて、は!? は!?? て感じではあるんだけど、最初は不気味に思えたペ・ドゥナ演じる主人公が段々可愛く見えてくるってどういうことでしょう。

ペ・ドゥナて若い頃のアニタ・ユンに感じが似ている気がする。見た目というよりも存在感、空気感あたりが。

残念ながらカン・ドンウォンは主人公の相手役じゃないらしく(初恋の人だが実らなさそう)見ているワタシとしては惜しい思いでいっぱいなんですが、しかしカワイイぞカン・ドンウォン。『1%の奇跡』でのわがままっぷりとは違い、とても優等生でまじめでステキなお兄さん役です。



視聴者には第1回目やらの伏線で今後のどんでん返しはある程度読めてはいるんだけど、まさかまさか『肝臓移植』だなんて荒ネタでその謎を暴いてしまおうなんて驚き。

このギャグ風トーンと、子どもの入れ替わりや父親の焼死やら母親の肝臓ガンやらとが全く一致しないこの激しい違和感。でも強引に話は進む、ついでについつい見てしまう

何だかある意味すごいドラマだな……。

色々つっこみはするもののエンタメ作品においては面白いのが一番の正義だと思っておりますので、今のところ正解中といった感じ。



今から次回が楽しみです。今後は週1でしか追えないと思うと、実にじれったい……。



↓しかしDVDジャケがペ・ドゥナ&カン・ドンウォンですけど、このカップリングじゃないんですよね? そうとしか思えないんだが……これが商業戦略ってやつか……。



威風堂々な彼女 DVDBOX 1ジェネオン エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る

拍手

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア


CheckItOut,please
by arrows

マクロミルへ登録 gooリサーチモニターに登録!

最新CM
[03/19 秘書アズアズ]
[01/06 通りすがり]
[01/05 Hiroic]
[01/05 通りすがり]
[11/26 Hiroic]
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
忍者アナライズ
プロフィール
HN:
ひろいっく
性別:
非公開
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]