忍者ブログ
[hiroic's various Review & Daily Memo] Hiroicによる映画・ドラマ・本・芝居・四方山などに関するれびゅー
80 80 80 80
80 80 80 80
[18]  [22]  [23]  [24]  [25]  [27]  [28]  [29]  [30]  [31]  [32
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日『八月納涼歌舞伎・第三部 野田版 鼠小僧』に行ってきました。
野田歌舞伎は前回金がないという理由で見送って後悔したので今回は無理して?行ってきました。
最初「プロントの1F」という待ち合わせ場所を勝手に「フロントの1F」だと勘違いしていたわたしです。
誤読女王健在。
歌舞伎座のフロントて何だよ? みたいな。笑

超大雨で歌舞伎座の前は人ごみと傘の嵐で入場までがかなり大変。
しかし入場待ち時間に古田新太発見。
KISSのTシャツに短パン、下駄、サングラス。
「あんな変な人フルタ以外ありえない」
と言い切るくずみ嬢の言うとおり、本人だったと思われます。
短パンから伸びる足を見て
「そうそう、ルミたんになってたときの古田さんの足だわ」
などという認識をするわたし。
そういやあ、『熊沢パンキース』での荒川良々の足のキレイさもすごかった・・・。

さて、『野田版 鼠小僧』。
一番最初の
「鼠小僧登場→芝居小屋だとわかり→シースルーな絵付の幕が下りてきて→観客がその暖簾をくぐって出てくる」
の演出見ただけで
「いや〜ん、やっぱ野田さんの演出好きだ〜」
になっちまいました。はい。澱みないセットの動きと、場面転換。場は歌舞伎座。いいねえ。
歌舞伎とはいえ、台詞はまあ時代劇程度のわかりやすさだし、話もわかりやすい。
でも野田秀樹独特の言葉遊びや裏につらぬくテーマがちゃんとあって、笑いもあり、マジもあり、すごく楽しみました。
長屋を勘九郎がかけぬけて壁ぶち抜いていくシーン、周囲が暗くなって破いてく壁の色がきれいで、ああステキ。
子役君もかわいかったし、福助のお高がかなりいいし。笑
歌舞伎だけど拍手のせいなのかカーテンコールもあり、今回はスタンディングオベーションしてきました!

幕見とかでももっかい見たいぐらい。まだ見ていない方は是非。

拍手

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア


CheckItOut,please
by arrows

マクロミルへ登録 gooリサーチモニターに登録!

最新CM
[03/19 秘書アズアズ]
[01/06 通りすがり]
[01/05 Hiroic]
[01/05 通りすがり]
[11/26 Hiroic]
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
忍者アナライズ
プロフィール
HN:
ひろいっく
性別:
非公開
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]