忍者ブログ
[hiroic's various Review & Daily Memo] Hiroicによる映画・ドラマ・本・芝居・四方山などに関するれびゅー
80 80 80 80
80 80 80 80
[348]  [347]  [346]  [345]  [344]  [343]  [342]  [341]  [340]  [339]  [338
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

それは叶美香の夢なのか?
叶恭子の夢なのか……?



本当は下北沢蕎麦の会に参加する予定だった日曜日。
突然のピンチヒッターにて『NODA・MAP番外公演 THE BEE(日本語Ver.)』に行ってまいりました。

拍手


いやあ、何年ぶりなんだろうのシアタートラム。
思い返せばそうだスタジオライフの『ドラキュラ』に通ってた頃以来ですわ。
同行者は当時その爆笑『ドラキュラ』に連れて行ったくずみ嬢。あの時間とあの金はもう戻らない……などと遠い目をしつつ今回は野田地図番外公演です。

先に日本語版上演、その次がロンドン版だそうで、本日は日本版。筒井康隆原作です。

今回のモチーフは紙だったみたいですが、『パンドラの鐘』のときの紙モチーフとも違い、一枚の紙が動き切り取られ映像とあいまって、役者4人がくるくると役どころを変え、あらゆる場所に姿を変え、コンパクトな場所ながら縦横無尽の演出で場も人も超えてしまうところはさすが。

一時間十分の上演時間ながらも毎度ぎゅぎゅっと濃縮空間。『ロープ』では寝てしまったが今回は大丈夫でしたよ。

冒頭に話を戻しますと、パンフ曰く、「叶美香の夢をよい夢、叶恭子の夢を悪い夢とするならば、叶恭子の夢を見てしまった翌日のように何だかいや~な感じが劇場を出た後も続くように」(意訳)作られたお芝居だそうですが、思ったほどずるずる引きずらず暗いといえば暗いがまあもともと野田芝居はそういうもんなので予告されたほどではなかったかな。
でも、泣かせてたまるか、感動させてたまるか、の野田さんの気持ちってわかる。すごくわかるなあ。世界の中心で泣き叫んでみたりするのにはもうほとほと飽きましたわ。
(もとから好きじゃないから読みも見てもいないが、あれだけマスコミで感動!夢!の嵐をされればいやでも目にも耳にも入ってくるから)
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
無題
もしかして一番乗り?
「忍び」に移ったんすね。
どうですか? 使い心地は?

叶恭子の夢…笑わせて頂きました…
いやー野田さんらしいっすね。
セカチュー呼ばれなかった派ですので、よくわかります。
crockett 2007/07/02(Mon)21:13:50 編集
ハイ
引っ越しました。
前と比べてなら便利ですねー。前はカスタマイズ自由でしたが全部自分でやらないといけなかったので面倒でしたんで。

そうそう、一番乗りですよ!
Hiroic 2007/07/02(Mon)21:30:30 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア


CheckItOut,please
by arrows

マクロミルへ登録 gooリサーチモニターに登録!

最新CM
[03/19 秘書アズアズ]
[01/06 通りすがり]
[01/05 Hiroic]
[01/05 通りすがり]
[11/26 Hiroic]
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
忍者アナライズ
プロフィール
HN:
ひろいっく
性別:
非公開
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]